Accademia
アカデミア
 
このスクールは、事業から講習まですべてイタリアをオリジナルとしています。
 
Orario delle lezioni:
 講習時間 9.00~17.30(内 休憩30分)
このアカデミアでは、理論も実技も同じように重要視しておりますが、実技を学ぶ中で理論を理解することが大切です。ピザの生地は生き物と同じで、化学的に学んでも、いつも同じように決まった扱いをしてうまくいくとは限りません。
 
Lezioni di teoria:理論レッスン
●小麦についての知識:小麦粉の性質や、精製の度合い、 品質の理解と選択の仕方や、店舗内での理想的な保存の仕方、発酵の化学,伝統的なピザ生地のレシピや、ポーションの数の決め方。 
●酵母の種類と働き。既製品の種類と自家製酵母。生地の中での酵母の働き、温度との関係、発酵の度合い。 水分と塩、脂肪分の性質都化学。 
●ピザの焼き加減について:窯の温度。窯の中での化学反応。窯の種類:伝統的な薪釜と現代の窯
 
Lezioni di pratica:実技レッスン
●ピザレストランの為の必要な道具の紹介と説明:薪釜、電気オーブン、作業台、モッツァレッラカッターピザ作り、試食。
●  生地作り:手作り、機械を使うもの。
材料の機能的な置き方。生地の温度と水のコントロール。ポーション作り:一つ分の重さ、形成。
● 衛生:道具の手入れの仕方と作業場の衛生。生地作りとポーション作り、生地の伸ばし方と扱いかた、盛り付けと焼き方。
●窯の扱いかたと生地の置きかた。
● 具材の準備の仕方(トマトソース、モッツァレッラ)その焼き具合について
●小麦粉の調合 すぐに使用する生地の作り方と、保存する生地の作り方。生地の温度管理(使用する水の温度も含む) 
 
Verifica di fine corso:コース修了試験について
コース修了者は、学習した理論から、いくつかの質問に回答していただきます。実技試験では、習得した技術を使って生地をのばし、ピザ釜でピザを一枚問題なく焼けることが求められます。
コース修了証書について
筆記試験と実技試験を終了した方には、コース修了証書が発行されます
 
受講者の滞在、食事について
受講者の滞在ホテルや食事は、コースには含まれておりませんので、受講者各自で用意して下さい。昼食も、いつもピザを試食するわけではありませんので、
前もってご準備ください。
 

Accademia Italiana della Pizza

729-4307
広島県三次市三良坂町皆瀬240
080-5615-2202(英語、イタリア語)

注意 完全予約制です。
info@itarianopizza.com
Powered by Webnode